MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< もう9月かぁ〜 | main | 月が明るい夜です... >>
旧MacBookPro (15inch Early2008) のHDDユニット取り外し
今回、僕のMacBookProには機密情報が入っていたため、修理に出す前にHDDを新しい同一サイズのものと交換しました。
違法ではありませんが、メーカー保証が受けられなくなったり、正規の修理を受けられなくなる可能性がありますので、あまり詳しくは説明しません。詳しくは、海外を含め、様々なサイトで詳細にレポートされていますので、そちらをごらんください。
ここをみて、HDD交換、キーボード交換などを決意された方は、自己の責任において、行ってください。


今回のばらしは、壊れても良いか、という半分の諦めか、若干の勇気があれば、さほど難しくありません。技術的どうという、事は無い、という事ですが...
・裏面後部4本のネジ
・裏パネルLCDヒンジ部両端の2本のネジ
・両側面の4本ずつのネジ
・写真のメモリー蓋内の2本のネジ:Torx6


それに、バッテリーを取り外した内部全面にの2本のネジ


ここまでネジを外すと、キーボードが装着されているトップボードがガタガタになって、浮いてきます。若干の勇気をもって引きはがすようにすれば、ぱっかり外れます。

ちなみに、僕の場合トップボードを外す時の印象は...
・裏面LCDヒンジ部ネジ部分が両面テープで固定されていた事
・トップボード前部のはめ込み部分が、かなり頑丈であった事
という感じでしょうか...そうですね、はじめはちょっと勇気がいりますが、バリンと大きな音を立てて一気に外れます。

気をつけるのは、このときに、キーボード裏にマザーボードにつながるフィルム状のケーブルを破損しないように注意する、という事くらいです。

僕の場合、元々の不具合...まれにキーボードが認識されない、作業中に急に効かなくなるなど...の原因がこのケーブルにあったようで、見事にケーブル先端のコネクタ接合部分が剥がれてしまっていました。結果、この状態にしたのは、僕の作業が悪かったと判断されても致し方ない状態になったといえます。
まぁ、機密保護の為なので、致し方ありませんが...

見事にマザーボードに置いてきぼりのコネクタ

本来マザーボードは、雌コネクタがあるはずなのですが、雄コネクタがついたままで、そのケーブルとの接合部分端子が丸見えです。

ケーブル先端には、何もなく...

しっかりと剥がれて、接合部分が丸見えです。

ハンダ付けできるものではなさそうですので、導電性接着剤を入手して接合を試みましたが...

うまくはいきませんでした。この手の接着剤にも様々な用途のものがあるようです。今回入手した接着剤は、導電性を生み出す為に練り込んである銀粒子が(予想以上に)粗く、かつ粒子の含有量も多く、接着剤としては比較的ボロボロとした固まり具合の物で、細かい部分の接着には向いていませんでした。今回のコネクタの端子は、1ミリ以下のピッチなので、この接着剤では端子間にボッテリと乗る感じでしか塗布できず、作業不可能でした。


さて、目的ののHDDですが、ばらしの難関が、ここにありました。以前にも似たような経験がありますが、HDDユニットの上に、信号ケーブルが接着されていました。

この接着がかなり強固なもので、普通に引っ張り上げると簡単にフィルムケーブルが裂けてしまいそうです。手持ちのプラスチック素材のカードなどを、ケーブル下に差し込んで、ゆっくりと剥がすように外すのが一番のようです。
僕は、プリペイドカードを使って作業しました。


まぁ、これでHDDの交換を行い、旧HDDは、新MacBookProに接続してデータ復旧に使いました。これで、最低限の目的は果たせた事になります。
はてさて、この古い方のMacBookProをどうするか、ですが...

・普通に修理に出す。
・純正のキーボードアッセンブリを入手して自前で修理
・数年まって、同一モデルのジャンクを入手して自前で修理

の、3つの選択肢があるように思っていますが、今のところはどの選択肢も、時間的、金銭的に不可能なので、しばらく放っておく事になりそうです。
 
 
頭の中をめぐる音楽:...
日常:昨日の暑さに比して、今日の寒さ...体がおかしくなりますね。
読書:...相変わらず通勤時間帯はiPhoneで遊んでしまうので、読めないまま...(^^;)
今日のiPod:..いろいろっす
万歩計:6059
| Computer | 22:31 | comments(2) | - |
コメント
アラビアのオレンスさん、おはようございます。(^^;;

そうなんですか...少し希望がもてますが、僕には経験が無いだけで無く、知識も技術も工具も無いもので...ゆっくりと調べてみます。
| 元コラ | 2009/09/03 8:30 AM |
元コラさん、
 写真を見る限りでは温度制御付き電子回路用ハンダごてでハンダ付けできそうですが、不可能と思われるのはなぜですか。雄コネクタが基板上の雌コネクタからはずれないとかですか。
 量産工場ではクリームハンダを熱風で融解させて付けるとおもいますが修理現場では糸ハンダとハンダコテかと..

 MacBook の内部の写真にあのかつての忌わしい液漏れする表面実装電解コンデンサがあるか入念に拝見しました。右のブロワの左斜め下に弐個みえる円柱状の部品が気になります..
| アラビアのオレンス | 2009/09/03 12:41 AM |
コメントする