MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< Franklin Planner にしました... | main | Franklinのペンループ切れる... >>
今更ですが...ほぼ日手帳
先日、「ほぼ日手帳」が届きました。ご存知、「ほぼ日刊イトイ新聞」のスタッフたちのよる、自分たちでほしい手帳の最大公約数的な手帳です。

家内工業的なサイト、と言う勝手なイメージがあったので、さぞ通信販売も手作業的なものなんだろう、と思っていたのですが...

専用箱、専用送り状での配送...しかも、太っ腹の後払い、コンビニ振込み。大手の出版社ではよくある事ですが、これは儲かっているからできるのか、それとも単なる糸井重里氏のこだわりなのか...おそらく儲かってるんだろうなぁ...

中身は、シンプルに

本体と付属品、簡単な詰め物と、納品書+振込用紙です。
付属品は、注文どおりのピンクのナイロンカバーと、カバーに被せる透明製カバー、3色ボールペン...説明書などです。

箱のふた裏に

思わせぶりなお言葉...

とにかく組み上げて見ました

カバーに透明カバーを被せると、ナイロンカバーの外ポケットが使えなくなるのが、チト残念です。ちなみに、本体のブックカバーのようなナイロンカバーは、とても丈夫そうなしっかりとした布でできています。ナイロン(タッサーかな)のタフタコーティングでしょうか...本家サイトを読むと、このカバーに凝った...と言うような書き方がされているのですが、しっかりと使えば値段以上のものかも知れません。その上の、透明カバーが付いているのは、良いですね。(^。^)


さて、なぜ今更ながら「ほぼ日手帳」に興味を持ったかというと、それはトモエリバーという紙にあります。この「ほぼ日手帳」は巴川製紙所と言う会社が作っている、手帳専用用紙のトモエリバーを使っています。紙と言っても、様々な種類が有りますが、このトモエリバーは、手帳用として、薄く、軽いのに反して、裏映り、滲みが無いのが特徴で、僕のように万年筆で書こうと思っている人には最適な紙という事になります。
ちなみに先日紹介した、フランクリンプランナーのユニバーサル・デイリー・リフィル(Universal Daily Refill)ですが、この一日見開き2ページの用紙は、トモエリバーではありませんが、独自の手帳専用用紙を使っています。普通の(オリジナルと呼ばれる)フランクリンの用紙に比べて、約75%の厚さ、重さなのであれでも一年分ともなると随分と扱いが楽です。
はてさて、これらの紙が、僕の万年筆とどのように付き合ってくれるのでしょうか。期待に胸がふくらみます。(^。^)


ちなみに、フランクリンのシステム手帳と平行して、こっちはプライベートのほぼ日日記用として、考えています。
 
 
頭の中をめぐる音楽:...
日常:随分暑い日でした、事務所の冷房が恋しいような暑さでした。そんな中、下馬評では少し心配の残るショップで買い物をしたのですが、送金しても発送通知が来なくて、ヒヤヒヤしてました。
読書:「ねじまき鳥 クロニクル」第3部 今のところ、このねじまき鳥シリーズが、一番好きな小説なのですが、この第3部...かなり来ますね。
今日のiPod:Out of noise / Ryuichi Sakamoto
Fourplay/...
今日のCD:...
万歩計:9709
| Stationeries | 22:34 | comments(4) | - |
コメント
海さん、こんばんわ。

確かに、お言葉はイラネ〜っすね。それに、ほぼ日も意外と重く、さすがに一年分の重さを感じてます。持ち歩くかは今後の課題ですね。

僕も、オンラインに書き込んでいた作業日誌は、検索ができたので楽だったのですが...紙にしたら、それをどうするか悩んでるところです。ちなみに、 FranklinPlannerには、週間や月間のIndexがあって、毎週、毎月のタイミングでまとめるように作られているんですが、僕がそこまで几帳面にできるのか、ちょっと疑問だったりします。まぁ紙で運用するには、やるっきゃ無いんでしょうけど...

ちなみに、Franklinの各フォームとその使い方は、
ttp://www.franklincovey.co.jp/products/idea/howto/index.html
にあります。さすがに長年の積み重ねによるノウハウが詰まったフォームとその利用アイデアは、それなりに勉強になります。
| 元コラ | 2009/06/22 12:42 PM |
こんばんは。

手帳って結構重いんですよね。
1年使うと大分肥満(^_^;)

ほぼ日の1日1ページはかなり気に入ってます。(下のお言葉はイラネ!なんですが)

色々書き込めるのはいいんですが、
後から探す時に見つけるのに時間が
かかるのでどうしようかと(^_^;)
例えば、あのメモはどこに書いたかな?って時に探しまくります。

月間に書いても、後からシールを貼って潰しちゃうので。
インデックスページを作ればいいのかなと思いつつもなかなか使いこなせなくてだめです。

活用方法とかありますかね(~_~)

| 海 | 2009/06/22 12:10 AM |
海さん、こんばんわ。(^。^)

ほぼ日手帳...意外に良いので、困ってます。なぜって、なんで高いFranklin買ったんだろうか? って言う疑問が無きにしも在らずだからです。まぁ、文庫本サイズは小さいので、仕事の記録には狭くて、使えないんですが、A5サイズのカズンがあったら、それで良かったかも、と思います。僕の思うシステム手帳との違いは、フォームの多様さと、ページの追加が出来ない、と言う事ですが、それは以外と何とかなっちゃいそうに思いますし...
まぁ、とりあえず、この文庫本サイズのほぼ日手帳は、プライベートの日記用です。

僕も随分長い間、Palmを使ってきて、結局紙の手帳2冊に戻った訳ですが、今思うのはPalm程の使い良いPDAは無かったなぁ、と言う思い...それとそれ以上に、紙の手帳の良さです。かなり重いんでけど、今は紙に書くことにはまってます。
Franklinも最適化して、軽くしなくちゃなぁ〜。2つ持ち歩くのはけっこう辛いです。(;´_`;)
| 元コラ | 2009/06/21 12:36 AM |
こんにちは。

おー、ほぼ日ですね(^^)
手帳ネタも楽しみで、覗いてたんですが(^^)

手帳にしてそろそろ半年経ちますが、
最近は超簡単なメモばっかりになってきてます(^_^;)
使い始めの頃の意気込みと言うか、そう言うのがなくなってきちゃいました。
ページをぺらぺらめくっていくと、使い方が違うんですね、これが(~_~)

PDAと違って、イラストも描けたりするのがいいんですよね。
来年も紙の手帳にします(^^)
| 海 | 2009/06/20 10:58 AM |
コメントする