MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< BBSを始めました | main | Willcomに見切りをつける? >>
リゾットの作り方
リゾットの作り方の記録。

テキトーな材料...

今回は、白い物が多いのでちと寂しいですが、残り野菜で充分です。
タマネギ、長いも、レンコン、茄子、キノコ、などなど
ニンニクは2片を薄切りにしておきます。ショウガも良いかも知れません。

野菜の端っことか、食べるにはちょっとと思う辺りを、鍋一杯の水で煮て、野菜のストックを作っておきます。

これが、米を煮る水替わりに使います。香りに付けに、ショウガやレモンなどを入れておくと良いです。
ついでに、慣れてくれば、このストックの時点で塩味をつけておいた方が、全体がうまく味付けできます...仕上げに入れる、パルメザンチーズの量(塩分)とうまくバランスするように、塩加減を調整します。

ニンニク(半分)とタマネギを炒め始めます


お米を加えて炒めます

米は、洗わずにぬかが付いたままが良いとされてます。ので、無洗米は使わない方が良いと思います。今回は、2合の米です。

米が、透明になるくらいまで炒めます

火加減にもよりますが、けっこう時間がかかります...今回は15分ほど、ずっとまぜあわせていました...
そうそう、決して焦がさないように注意してください。

米が充分に炒め上がったら、煮出しておいた野菜のストックを加えて、米を煮ます...


あくまでも煮るのであって、炊くわけではないので、ヒタヒタまでスープを入れて常に混ぜて...水気が無くなったら、またヒタヒタまでスープを加えて混ぜて...延々と繰り返します。
写真のように、手ザルを沈めておいてそこからお玉ですくえば、漉す手間が省けます。(^。^)

米がアルデンテに煮上がったら、米のほうは出来上がりです

要するに、炒めた米をアルデンテに煮あげる、と言うのは、パスタのイメージで考えると、わかりやすいと思います。


さて、ココで話が前後してしまいますが、ココまでの作業と平行して、具になる(最初の写真の)野菜を炒めておきます。この野菜の炒め上がりと、米のアルデンテに仕上がるタイミングが同時になるのが、ベスト。

野菜は、やっぱりニンニクから炒めます


長いもや、レンコンなどの堅い野菜から炒めます...


全体がしんなりしたら出来上がりです

堅めの乱暴な作りのラタテューユと言う感じでしょうか...炒める途中で、塩こしょうで、適宜味付けしておくと、しんなりするのが早いですし、歯ごたえを残して炒めることが出来ます。

同時にできあがったハズの、米の上に乗せて混ぜ合わせます


チーズもどっさりと一緒に混ぜます

パルミジャーノレッジャーノを使いましょう
そうなんですよね、ココでチーズを入れる量を見計らって、これまでの味付けは薄めにするのが、コツですね。

お皿に盛るとこんな感じのリゾットになります

できあがったら、熱いうちにさっさと食べましょう。冷めてしまうと、チーズが入ってるので、見事に固まります。
 
 
頭の中をめぐる音楽:...
日常:本当に、涼しく、寒く、なりました...家族4人で車に乗っていると、ガラスが曇ります。
読書:...
今日のiPod:FourPlay/Energy
HerbieHancock/River
今日のCD:...
万歩計:...
ピアノ:Bach/Sinfonien 1,3,6
僕の刺繍:...
カミさんの刺繍:...
| Cuisine | 23:48 | comments(0) | - |
コメント
コメントする