MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< 楽器フェア2007 11月3日 ホルン | main | 楽器フェア2007 番外編 >>
楽器フェア2007 11月3日 その他
楽器フェア2日目の、ピアノ、ホルン以外についてです。


まずは、フルート。
実は、30年ほど前にムラマツの一番安いフルートを買って...未だに我が家にある訳ですが、先日ちょこっと吹いてみ、いやこれがまたボロい訳で、誰かがはじめるにしても買い換えないとダメかなぁ、と思っていたのです。その興味の範囲ですしかありませんので、買うつもりも無いのですが、ちょいと見てきました。


写真が全く無いので、各メーカーリンクを以下に...詳細な情報および、モデル名などについては、こちらで確認してください。
三響フルート製作所(http://www.sankyoflute.com/)
ムラマツ(muramatsu flute http://www.muramatsuflute.com/)
ヤマハ フルート(http://www.yamaha.co.jp/product/wind/wood/fl/index.html)


・ヤマハ管楽器ブース
エチュードモデル...頭部が銀、その他は洋銀のモデル...管体の軽さ、薄さが災いしてか、我が家のムラマツと同じ素材でありながら今一つの感があります。扱い安さと言う面でヤマハはさすがですが、音色も今一つだし、音量も貧弱で、練習曲をステップアップしていくうちに、物足りなくなる事は確実です。
その一つ上のモデル...頭部、中部、足部ともに銀。メカが洋銀です...これなら、と言う音がするのと、エチュードモデルには無い懐の深さが魅力です。ソリストクラスのハイレベルな曲を吹こうと思うと、不満が出るでしょうが、初心者には十分なレベルではないでしょうか。出来れば、もう一つ上のモデル(メカも銀で、リングキー)の方が格段に良いのですが、値段もエチュードモデルの3〜4倍なので、2倍のこの辺りが初心者のベストマッチ、と言う感じです。


・プリマ楽器ブース
プリマが目的ではなく、三響フルートが目的です。
ヤマハ同様、エチュードモデルと、その1つ上、2つ上を吹かせていただきました。曲が吹けるわけではないので、お恥ずかしい話しですが、ここでも音階を吹くだけですが...
ヤマハとほぼ同じ印象ですが、レベル毎の値段差(2万円程度こっちが高い)分、こちらが上という感じでしょうか。代表的なフルートメーカーと言うと昔から、国内ではこの三響と、ムラマツなんですが、常にヤマハの上を行く品質と音色が特徴でした。その過去の栄光は未だに健在のようで、若干の値段差がありますし、ヤマハも良くなったと思いますが、専門メーカーだけに一枚上手のように思いました。
ヤマハと三響なら、たとえエチュードモデルでも、僕なら三響を選びます。価格差以上のよさが、購入後に感じられるであろう事が予想されるからです。


・その他フルート
残念ながら、ムラマツは前回同様メーカー出展が無いみたいです。どこか(モリダイラとか)ショップブースには有ったのかも知れませんが、それほど積極的に探しもしなかったので...
一度、我がぼろフルートを持って、支店を訪れるのが良いかも知れませんね。オーバーホールする価値があるのか、判断しなければいけませんし。(^.^)


さてその他は、世界のプロに愛されるパウエルなど、展示を拝んで帰ってきました。フルートに限らず、Otto、Schmit、Wurizerなどプロ用管楽器(オーボエ、ホルン、クラリネットなど)たちは、桁の違うお値段なので...どうも、この世界はいけません。(高級ピアノよりは安いっちゃぁ安いですけどね)
その手の高級管楽器は、管楽器販売専門店ドルチェ楽器さん(http://www.dolce.co.jp/)が、比較的有名です。




ギター、ベース

僕はこの世界から離れてしまって、随分となりますが、昨年ホルンをはじめた下の子は、ジャズに興味を持ち始めて、実家にあったギターとベースを自分の部屋に持ち込んで遊んでいます。
なので、関連ブースをちょっと見学。

と、意外と良いものが見れました。
実は知らない人でしたが、トシ・ヒケタ氏のデモライブを目の前で見ることが出来ました。
ToshiHitake氏のサイト(http://toshihiketa.com/top.html)
はじめてみても、テクニック的には最高のものを持っている事は、僕でも判るほどのテクの持ち主でした。それを本当に、数メートル前で、本人とにらめっこしながら聴き、見た、と言うことです。いやぁ、圧巻...実は、我が子はエアじゃないかと思ったそうです。軽く弦を抑え、軽く弦を爪弾き、触って、軽いチョーキング...確かに初めて見るとエアにしか思え無いかも知れません。(^.^)

その後、別のブースで、6弦ベース、フレットレス、普通のベースの3人だけのベースオンリーバンド。これまた圧巻...ベース、リードギター、リズムギター、リードベース、そしてドラムが、ベース3台だけで再現されています。しかもどう聴いても、全てアドリブ。他を圧倒するパワーとテクニックです。

そのもう少し後で、別のブースで、米国人らしきギタリスト...テク的には普通です...先ほどのToshiHiketa氏に比べると高いテクを披露しているわけではないのですが、全体のリズム感と、グルーブ感などの音楽的カリスマ性は、ぴか一! これまた凄いライブを垣間見ました。

これらを見て、我が子は何を感じ、何を得たのかは判りませんが、かなりショックを受けていたみたいです。


シンセサイザーなど...最近、全く知らないので、本当は見たかったのですが、時間切れでした。まぁこれからWebで調べることにしましょう。


追加)ハンドベル:
アプリハンドベル(http://www.prima-gakki.co.jp/public_html/catalog/applyhandbells_catalog/index.html)
日本製のハンドベルが出品されていました。2オクターブで100万円と、これまでの輸入物に比べるとかなり安いセットのようです。本体の展示とあわせ演奏時のビデオが流れていました。その奏者は、リンク先にもある大石光男・由紀子 夫妻なのですが、由紀子さんと思われる方が色々と説明くださいました。家族で一つづつ手にして、鳴らしてみたり、色々とトリッキーと思える奏法などを披露して頂き、まねして見たり...と、とても勉強になりました。
 
 
頭の中をめぐる音楽:Scrjabin
日常:寒くなりましたね。マジに夏服は寒いですが、歩くと汗かくのでまだ夏服着ています。実は、冬服に替える前に、夏服の上に薄いパーカーでも着ようかと思っていますが、さてどうしたものでしょうか。
読書:「影との戦い」
今日のiPod:Scrjabin/Sonata/GlennGould
Schenberg/PianoWorks/GlennGould
今日のCD:...
万歩計:7860
ピアノ:...
僕の刺繍:...
カミさんの刺繍:...
| MusicFair '07 | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
こんばんわ、イース64さん。(^.^)

イースさんところも、色々やってらっしゃるんですね。僕のとこは、今年になって下(中2)がギターやベースに興味持ち始めたのと同時期に、なぜか上(大2)も学校の吹奏楽で色々なことを(クラの筈が打楽器やったりしている)やっているみたいです。
ただ何をやるにしても、新しい物を買ってやる予算が無いばかりか、契機も無いので、古臭い僕の楽器ばかりなのが、ちょっとかわいそうな気もしますが、まぁ無いよりもマシかと我慢させています。とにかく、何よりも、ただ同然で手に入れたベースとギターがいまさらになって、役に立っていることが、うれしいと言うか、意外と言うか...そんなこと思っても見ませんでした。(^.^)
| 元コラ | 2007/11/09 12:13 AM |
ピアノ暦12年の息子ですが、音楽にはなぜか淡白。
この夏はよくコンクールに出たものだと思ったわけですが。。。
ピアノ以外は、高校に入ってなぜかビオラを始めたものの半年で挫折。

先日突然、誕生日のプレゼントはアコースティックギターが欲しいということで。。。
先週の土曜日は御茶ノ水の楽器店を息子とはしごして、エレアコを買ってきました。
知りませんでしたが、確かにアンプにつなぐと鳴るんですねぇ。

最近は音楽は息子を通じてしか接点がありませんが、子供がいるっていうのは、自分世界が広がるようで、やっぱり楽しいものですね。
| イース64 | 2007/11/08 12:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://note.2brins.raindrop.jp/trackback/694441
トラックバック