MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< このところ外食が多い | main | 村上ラヂオ /村上春樹、大橋歩 >>
雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 /村上春樹
雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行
雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行

随分前に、古本屋で100円にて購入。その後、ずっと本棚に並べたままになっていた。昨年から、小川洋子を読み始めて、ふと図書館に行く時間が無く、かつ再読中の「ねじまき鳥...」が3巻手前になり、ほんの暇つぶし的な読書に利用した、と言う感がある。
ので、さほどの感動も感慨も無かったりする。

前半のギリシャ正教修道院の暮らし振りはなかなか面白い。どこの国に行っても、どこの宗教を垣間見ようとも、そこに実在する事実は、人物たちは、多種多様で世界の縮図の様になっている、と言う事がこれからも読み取れたように思う。おそらく、実際にココを訪れた村上春樹氏も感じた事であろうけど、理想の宗教なんぞ存在しない、と言う事なんだろうか...(ーー;)
後半のトルコについては、国民性や民族性が豊かと言う点でとても良いように思うのだけど、貧富、武力の優劣などによりゆがめられた人々の心が、痛々しく、とても疑問だし、残念だし、悲しいし、恐ろしい。

 
 
頭の中をめぐる音楽:...あまり特定しない。
日常:日差しの強さに辟易しながら会社に向かうが、日焼け止めが痒くて、途中でふき取ってしまう。去年のだから変質しちゃってるみたい...買い替えなきゃいかんね。(ーー;)
読書:「雨天炎天」読了
「村上ラヂオ」読書開始
今日のiPod:Mompou/.../Mompou
今日のCD:...
万歩計:7000 ジャスト!
ピアノ:...
僕の刺繍:...
カミさんの刺繍:今日は刺し途中...

でも、かなり進んでます。(^.^)
| Book '07 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://note.2brins.raindrop.jp/trackback/644163
トラックバック