MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< Mompouの楽譜 | main | AirMacExtremeベースステーション の設定 その2 >>
AirMacExtremeベースステーションの設定 その1
先日、とりあえず設置したAirMacExtremeBaseStation...まずは簡単な設定を行ってみた。

AirMacは、ルーター機能を停止して、無線ブリッジとして動作させる方針なので、色々とやる事が多い。その手順と、ちょっと気になったところなどをメモ的に。

1、思った通り、デフォルトのネットワークが違う
これまで、失念?→Yamaha→Buffalo→PCI/Corega とルーターを使ってみて、各社デフォルトで設定されているネットワークが異なるので、既に色々と設定を行ってしまったネットワークで、リプレースしたり、無線ブリッジを増設したり、と言うのは案外手間取る。特にプリンターだの、NASだのと増えているので、固定アドレスが多いと、ゾーンを変えるのは面倒だ。

初めて使ったルーターは、ClassCの、とあるゾーンを使っていたのに対して、YAMAHAはClassCでも、デフォルトのゾーンが異なる、Buffaloも異なるゾーンだし、同じYamahaでも過去と現在の機種でも異なった...今回のAirMacは、ClassAを24bitマスクで使うと言う初めてのパターン。まずは、AirMacのゾーンを今の我が家のゾーンに切替えなくてはならない。と言うか、そのほうが手っ取り早い。

2、純正アプリケーションで設定を試みる
まず、Apple純正の設定アプリケーションで見ると、ちゃんと異なるゾーンのアドレスが見えている。この設定アプリケーションは、ブロートキャスト投げた後は、返って来たMACアドレスで認識しているのだろう。なので、このアプリケーションで設定を試みるが、接続に失敗する。AirMacの検索は、異なるゾーン設定でもうまく行くが、詳細な設定はIPレベルでやっているらしく、ダメなようだ。まぁ、認識できているだけでも、IPやゾーンがわかるので、助かるけど...どうにかならないんだろうか。(ーー;)


ここから詳細な設定に入れない。(-_-;)


3、AirMacゾーンにあわせてみる
なので次に、現在のネットワークに繋いだまま、設定アプリで確認できたAirMacのゾーン、IPアドレスに合わせて、PCのゾーンとIPアドレスを変更する。それでも、やっぱり設定アプリケーションで認識はするが、IPレベルのアクセス(設定モード)が出来ない。
実は、この原因は判らない。本来、WindowsXPであれば、ゾーン、IPを書き換えれば、その後ちゃんと動作するはずなのだが、結果的に ipconfigでは表示される環境とは異なる状態で動作している、としか思えない。

4、AirMacのDHCPを使って、アドレスを取得する。
僕のPCたち(3台)は、ルーターに直接繋がっているカミさんのPCと違って、8ポートのスイッチ経由でルーターに繋がっている。ので、ルーターへのラインを抜いて、AirMacと僕のPCだけの状態にして、AirMacのDHCP機能からネットワーク環境を取得することにした。AirMacのDHCPは、デフォルトで動作しているはずだから、これでうまく行くはずだ。
手順は、スイッチからルーターへのラインを抜く。PCのネットワーク設定を自動取得(DHCP)に戻して、再起動。
本当は再起動しなくても良いハズだが、ゾーンが切り替わる、と言うのはちゃんと動作しないのかも知れない。一回目で、DHCPに戻しても自動取得したように見せかけてうまく動作しなかった。

立ち上がった状態を見ると、ちゃんとAirMacからアドレスを取得してClassAの24bitマスクになっている。
ココで、設定アプリを再起動して、詳細設定モードに...ようやく、詳細設定が可能になった。

5、AirMacの設定を既存ネットワーク合わせる
まず、固定IPアドレス。これは、Yamahaのルーターで設定してある、DHCP範囲外のアドレス、かつ自分で管理している固定アドレスに変更する。
24bitマスクはそのままだが、DNS、デフォルトゲートウエイに、Yamahaルーターのアドレス...など、その他の必要項目を設定して行く。
ここで、忘れずにDHCPサーバー機能を切り、AirMacの動作をブリッジモードに変更する。これをしないと、オールインワンの無線ルーターであるAirMacは、親切(おせっかい)な事にWAN環境、LAN環境共に未設定とみなして、アラームLED(オレンジ)が点灯しっぱなしになる。設定アプリケーション側も半強制的に、アラーム状態からの復旧モードになってしまう。

基本設定項目を入れ終わったので、設定を本体に保存。ココで、AirMacは再起動されて、新しいネットワーク環境の設定で動き出す。
当然だけど、この時点で、PCはAirMacゾーンのままだから、また設定アプリから詳細設定モードに入れなくなってしまう。ま、当たり前なんだけど、結構やっかいだ。(ーー;)

設定し終わった状態の、「手動設定」画面トップ


「AirMac」のベースステーション設定


「インターネット」のインターネット接続

ここでネットワーク環境のほとんどを設定する。同じく、ブリッジモードもここで設定。
要するに、モザイク部分が、今回の重要な設定部分、と言うこと。


そこで、スイッチからルーターへのラインを復旧して、またPCを再起動する。これで、PCはYamahaルーターの持っているネットワーク環境を自動設定して立ち上がるハズだ。
とりあえず問題無く、PCが立ち上がり、既存環境に復旧。設定アプリから、詳細設定へもちゃんと入れる。


とりあえず、今日はココまで。無線LANの設定は、後日。
 
 
頭の中をめぐる音楽:Mompou...
日常:
読書:「まぶた」 たまたまだろうけど、この表題作の「まぶた」は、一緒に借りている「ホテル・アイリス」の習作のような作品だった。だけど、「ホテル・アイリス」の方が古い。
今日のiPod:Mompou/.../Mompou
Mompou/Secret/MariKumamoto
今日のCD:...
万歩計:7655 やっぱこのくらいは歩かないといけないなぁ。
ピアノ:...
僕の刺繍:...
カミさんの刺繍:今日も少し?

って、間違いが多かったそうです。ハイ。
| Computer | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://note.2brins.raindrop.jp/trackback/633773
トラックバック