MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< 人と作品シリーズ : モーツァルト | main | pizzicato five : singles >>
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 再読終了
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉

何度も読んで面白いのか、と思われるかも知れないが、村上春樹の中では一番面白いのではないか、と初回から思っていただけに、ゆっくりと読み進んで初回とは違う感想を持とうと努力していた。実のところ、「ねじまき鳥」シリーズと甲乙つけがたいのだけど、それを確かめたい一心でもある。
確かに、細部については、誤解が有ったり、記憶間違いもあり、若干印象が異なるのだけど、基本的な「デジャビュー」感は、「羊をめぐる冒険」と共に、初回に引き続いて強く、少なくとも僕はこんな具体的な経験をしている分けないのだけど、主人公の抱く感情には、とても親近感を抱きつつ、読み進むことになる。と言う面では、毎回毎回読後の精神状態は、深い意味不明な夢から起こされたがごとく、夢うつつの区別がつけ難い感じで、現実に復帰するのにしばらく時間がかかってしまう。

この深みから抜け出れない、って言うのはどうした物か...本当は僕もお化け組みなんだろうか、とか思ってしまったりする。
 
 
頭の中をめぐる音楽:バッハ...モーツアルト聴くとバッハで、バッハ聴くとモーツアルト、って有りだろうか...(ーー;)
日常:台風一過とでも言うのか、夏に戻ったかのような蒸し暑さと、多くの湿気を含んだ濃い南よりの風が強い。
僕の体調には最悪で、台風一過のすがすがしさが無い分、余計に憂鬱だ。
読書:「ダンス・ダンス・ダンス 上」ほぼ再・読了
今日のiPod:Mozart/PianoConcerto#20/Ashkenazy(Pf)+Padova(Orc)
Bach/DasWohltemperierteKlavier/GlennGould 再度読書モード
今日のCD:BillEvance/PortraitInJazz
BudPowell/TheAmazing
万歩計:5644
ピアノ:...
僕の刺繍:...せっかく、先日は時間が有ったのに、あまりの湿気に糸や布を触ろうと言う気が起きなかった。(ーー;)
カミさんの刺繍:...今日も写真撮ってないけど...
| Book '06 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック