MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< Google Personalized Home | main | ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 再読終了 >>
人と作品シリーズ : モーツァルト
モーツァルト
モーツァルト
西川 尚生

先日終了した、市民大学講座の公式テキストだったので購入したわけだけど、先に読んでしまうことで講義内容の新鮮さを失う事になりそうだったので、読むのを控えていた。半年ほどのその講義が、先日とうとう終わってしまったので、一気に読みきった。
市民大学講座は、フェリス女学院大学 音楽学部教授の秋岡陽先生がメインで、モーツァルト生誕250周年を記念して、まさにこの本の内容をトレースしつつ、本には足りない、図版や代表的な演奏を視聴しつつ講義が進められた。この本の著者西川先生(慶応義塾大学)も、ゲスト講師として来てくださったのだが、残念ながらその日だけ休んでしまった。

さて、本の内容は、前半5分の2程度が、モーツァルトの一生を家族やパトロンたちとの書簡などで、追いかけつつ、その時々の作品に触れて行く、と言う年譜的な内容。同じくらいのページ数を裂いて、作品をカテゴリー別にもう少し掘り下げた解説。後の5分の1は、ケッヘル番号順一覧及び年譜だ。

読み終わって思うのは、これまでモーツアルトの曲に抱いていた印象が若干変わってきた、と言うことだ。まぁ今回の僕の場合、それ以前に秋岡先生の講義で少しづつ変わって来ていたので、余計に感じるのかも知れないけど...
最後の講義で先生も言っていたが、以前から聴いていた曲のイメージが、最新のモーツァルト研究により解明された真実を知る事で、大きく変わってしまうことがある、と言う事。

それが本当に良い事なのか、悪い事なのか...僕にはよく判らないけど、少なくとも知らなかった事を知るのはよい事だと思う...しかし、以前の常識が覆されてしまい、曲の背景が変わってしまうのはとても解釈が難しい。
とにかく、音楽を学ぶと言うことは、難しい事だなぁ、といまさらながら思ってしまった。
 
 
頭の中をめぐる音楽:モーツアルト...
日常:一昨日辺りから感じていた台風の気配を、体だけでなくTVやNewsでも目の当りにして、かつ被害が大きい事に驚いている。今回の台風(ってまだ日本海にいるんだろうけど)の場合、自分の体調の変化をとても強く感じる事になった、のと被害の報道がだんだんと多くなり、強くなり...あまり良い気がしなかった。
とにかく、身近に被害にあった人がいなかった、と言う事だけでも神に感謝しなくてはいけない。
読書:...
今日のiPod:...
今日のCD:...
万歩計:5000 くらいでしょう...近場の買いもの
ピアノ:Bach/Sinfonien 1,3,10
Bach/DasWohltemperierteKlavier 2-B,2-g,2-E,2-Es,1-E
僕の刺繍:...
カミさんの刺繍:...おっと、写真撮ってないし...m(__)m
| Book '06 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック