MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< ピアノの森 12 | main | カンガルー日和 >>
面接授業で、関内界隈を散策...
先日報告した面接授業の5時限目(2日目:日曜日の午後)は、これまで説明を受け、CDを聴いた曲が、いったいどのような場所、どのような雰囲気のところで演奏されたのか、を実際に見に行く事になった。
先生にも、一緒に行った人たちにも、許可を得ていないので、写真は小さくしてあります。先生は誰で、何の授業かはおいおいわかるでしょ。(^_^;;)

さてと...

横浜スタジアム横からスタート


この横浜スタジアムのある一画は、外人居留地相手の社交場であったらしく、その性格から、火事で焼きだされて移動、御用列車の邪魔になるために移動、と転々として、今の福富町辺りに落ち着いた、と言う歴史があるらしい。

横浜スタジアム奥の社交場跡地の名残の石灯籠とその解説プレート

石灯籠を横から見ると、そのお店の名前が彫ってあるのがわかる。

その後、大通りを県庁方面に歩き、横浜地方裁判所脇に入る。
その先の交差点から、開港記念館を望む。

そして、その開港記念館の解説プレート
この関内近辺は、このような歴史に残る建物が多いので、現在の用途とは関係無く、その歴史についての解説が建てられていることが多い。

県庁裏側に道路を渡る

税関の角対面をシルク会館方面に曲がり、先生についてそぞろ歩く。


横浜開港資料館を通りすぎたところで、明治時代に書かれた地図の復刻版で位置を確認。どうやら、この辺りで軍楽隊の演奏会が行われたらしい、と言うような事を話している。

地図を見ている写真を撮っている僕の後ろ側がちょうど開港資料館の角だ。振り返って撮った写真。

シルク会館前に道路を渡ってから、開港資料館の角を望む。

要するに、この開港資料館角の手前に見える広い辺り(今は噴水が設置されている)が、演奏場所だったと思われるわけで、おそらくフランス山辺り、もしくはトワンテ山辺りから、海岸線を歩いて行進しながらここまで来て、演奏会の始まりを高らかに宣言したのではないだろうか。


少し関内方面に戻ると、「かおり」がある。「かおり」がここで営業をはじめたのは、おそらく戦後だろうし、少なくとも有名になったのも、ここ30年程度だろう。
ただ、ここには横浜で初めてホテルが営業したところでもあって、その説明プレートがたっている。
 
記録によると、多くの歴史に残る人たちが、このホテルを利用したはずなのだ。実は、先日読んだシュリーマンの「古代への情熱」にも記述が有ったように思うが、シュリーマンもここに泊まっているはずだ。

NTTビル横を中華街に向かう。

一旦通りぬけるために、横浜大世界を通りすぎる。

元町の中華街側入り口にたどりついた。



元町を海側に抜け、外人墓地の隅にたどり着く。今は、ウチキパンの前の筋をフランス山に登らずに、右横に入ったところだ。

生麦事件で殺されたリチャードソンの墓であるとの簡単な案内板。
ここの墓地は、個人管理で本来は立ち入り禁止だが、リチャードソンの墓を探して不法侵入するやからが多いので、このような簡易案内板があるのだろう。(その証拠に何箇所かフェンスが破られている...(ーー;))

その後、フランス山の横裾野に行き、その片鱗を確認した。(写真が無いです...)

と言う事で、中華街に戻り少し散歩した後に開帝廟前で解散。

帰る人、何か食べて人、何か見に行く人、道のわかる人、判らない人、それぞれグループ別に流れ解散となった。


今回、この面接授業に参加してみて、まるまる二日間束縛されて、ようやく1単位しか取れないわけだけど、とにかく学問に夢中になる、と言う事は素晴らしい事だと言う事を、先生を見ていて最も感じたことだ。
音楽が好きでたまらない。歴史が好きでたまらない。楽器が好きでたまらない。調べたこと、感じたことを、常に人に伝えたい。そういうパワーがみなぎった先生で、とても良い出会いになれた、と思っている。


PS.その後、先生と数人の女性たちとで、中華街外れの喫茶店で、1時間ほど談話。
その中で、弥生時代の琴の話になって、先生も興奮気味に話を始める。その話は、まさに僕が知りたい分野でも有って、とても面白い話となった。既に、話の大半はおそらく、先生の著書にあるのだろうから、それを読んでから、またその話をする事にしよう。
いやぁ〜、琴は中国の文化ではなく、日本固有の文化でもあるのだ。と言う事は、とても感動した。僕も楽器の勉強を続けなきゃ。(^_^)
 
 
頭の中をめぐる音楽:バッハの何かで、誰かの演奏に近い。
日常:暑い...と思っているのは、下の子がケータイを忘れて行って、走って追いかけたせいだろう。電車に乗ったらレイボーが寒いし、夜は夜で風が冷たかった...でも、作業場所は工場内にある蒲鉾屋根なので、日差しで焼けてまるで天日(火?)オーブンみたいに暑かった。明日もだろうか...どうかケータイ忘れるのは止めてくれ。(ーー;)
読書:「カンガルー日和」読了
今日のiPod:Bach/DasWohltemperierteKlavier/GlennGould
Faure/Requiem/Michel Corboz
今日のCD:...
万歩計:7469 途中かなり走ったので歩数が少ない。これでも隣駅まで歩いてるんだけどなぁ。
ピアノ:...
僕の刺繍:...
カミさんの刺繍:...
| U-Air | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2brins-note.jugem.jp/trackback/489815
トラックバック