MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< サンルイ島のお菓子たち | main | ピアノの森 12 >>
大学の面接授業に...
5月27、28日は放送大学の面接授業だった。
昨日は、1〜3時限で、10時〜18時までの座学でそれなりに疲れたが、今日は午後から、コレまで授業で話題になった、関内界隈のその場所を訪れる、と言うもので、コレはコレで、歩くのに疲れてしまった。

さて、授業というのは、「幕末の横浜界隈で欧米の軍楽隊によって演奏された演目とその時代背景、および現代への影響」、とでも題しておこう。要するに、xxxxx、と一言で言い表せない、少し複雑な話しだ。
かなり興味深い話しだったので、10ページ以上のノートをとった。久々に字を書いた。

関内散策中の、他の学生の話を聞いても、みなあくびをしながらでも、寝る事は無い授業だった、とのこと。(^_^)

幕末の横浜界隈...特に関内地区と言うのは、開港と共に日本に住み始めたイギリス、フランスの商人が住んでいた地区だ。山手下の運河で、出島の様に隔離されていた。当時、高島町側、伊勢佐木町側は、まだ埋め立てられておらず、特に高島町川は泥状の潟のような状態だったらしい。
しかも、それだけでなく幕末の尊皇攘夷志士から、商人たちを守るために、各国の軍隊も駐屯していた場所でもあった。その駐屯軍に所属している、軍楽隊が吹奏楽で色々な音楽を演奏している。この演奏演目、と言うのはおそらく母国で流行っていた音楽でもあって、母国の情報を何でも知りたがっていた、兵士や、商人たちのために、開かれていたものなのだろう。
山手の海岸側にある、フランス山、トワンテ山がそれぞれの軍の駐屯地で、現在の山下公園側海岸線(山下公園は関東大震災後の埋立地)を通ってマーチで行進し、現開港資料館前辺りで、演奏会が開かれたものと思われる。この演奏会は、実に毎週行われたらしい。

で...問題は、その演目。要するに、これらの演目と言うのは、今のクラシック音楽における、中期ロマン派辺りのオペラの抜粋などが多い。要するに駐屯兵や、商人たちにとっては、母国の情報を知る為の、新聞に次ぐ第二の情報源だったわけで、当時の流行曲の演奏には、とても興味があったのだろう。驚く事に、欧州での初演半年後に既に横浜で演奏される、と言う快挙もあって面白い。この当時は、荷物の運搬には、どんなに頑張っも2ヶ月はかかるわけだし、印刷だって時間がかかっただろう...だからコレは凄い事だ。
そして、これらの音楽が、日本で初めて西洋音楽が紹介された、と言う面があるだけでなく、このときに演奏された曲が、色濃く日本の文化に受継がれている、と言うことなのだ。実に、それらの幾つかは、既に今では日本でしか聞かれなかったりするのだけど、増してそれが商店街のBGMに流れていたりするから面白い訳だ。
おそらく、この駐屯部隊の音楽関係者が、日本の官軍、帝国軍の軍楽隊を教育したのだろうし、その音楽を聴いた若い日本の音楽家が、後世に伝えてきた、と言うことらしい。実際に、この時代の各藩の殿様は、軍楽隊を持ちたがって、お城にお抱えの能楽師、雅楽師などを起用して軍楽隊を編成したらしい。ちゃんと楽譜も雅楽師が使う文法で書かれた、軍楽が存在するのだ。(楽器も和楽器の編成だ)

まぁ、そんな話しを延々と初日3時限、2日目1時限(のべ8時間)行って、その後にその歴史が色濃く残る、関内付近を散策とあいなった。
その後の話しは、後日。
 
 
頭の中をめぐる音楽:
日常:午前中は雨が降っていたが、午後から晴れ、曇りの蒸し暑い日中となった。しかし朝のうちに雨が降っていたのは、三浦地区だけらしく、大学の授業は横須賀から来たメンバーが嫌に重装備だったのが面白い。しかし、夕方は寒くなったので、ラッキーだったのかも。
非日常:本当に暑い中を、関内散策したものだから、ヘトヘトになってしまった。
読書:「1973のピンボール」...
今日のiPod:Bach/DasWohltemperierteKlavier/GlennGould
今日のCD:...
万歩計:17640 いやぁ〜歩いた。
ピアノ:Bach/DasWohltemperierteKlavier 2-21,9
僕の刺繍:...
カミさんの刺繍:...
| U-Air | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://note.2brins.raindrop.jp/trackback/489567
トラックバック