MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< 調律が終了 | main | 意外と安い! >>
羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険
村上 春樹

2005年11月27日:市内中央図書館
2005年12月09日:ようやく読了予定。
2005年12月11日:返却予定

先日読んだデビュー作であろう、「風の歌を聴け」、これまた先日順番に呼んだ「1973年のピンボール」に続く、初期三部作であろう最後のようです。目次やWikiPediの解説を見る限り、これで鼠の存在理由が判るらしいです。(^.^)
一生懸命読んでいますが、どうも4分の1辺りまでは、あまり興味を引かず時間がかかりました。4分の1を過ぎて面白くなり、一気にここまできたものの、終わり6分の1でちょっと飽きて来ました。そろそろフィナーレに行こうぜぇ〜、と言う感じですね。(^.^)
とは言え、読書ペースだけ見るとちょいとカッタルイ感じですが、内容的にはとても面白いです。ファンタジー的要素と、羊の不気味な雰囲気が、しっかりとした文学的要素と絡み合っていて、この雰囲気は病み付きになりるかも知れません。

ところで、この小説で中心になっている、広大な白樺林バックに羊がいっぱいいる風景、それに右から何頭目かの羊の背中に星の紋章。っていうシチュエーションの奥行き感のある写真って、デジャブ的にどっかで見た記憶があるんだけどなぁ〜、気のせいなのかなぁ、それともそれってヤバイのかなぁ...(ーー;)
本当に存在する写真なんでしょうか、それともこの小説を元に作られた、コラージュでもあったのでしょうか...(ーー;)


PS1.この本も全集収録版ではなく、書庫から初版本を出して来てもらいました。やっぱり、初版本は雰囲気良いです。(^.^)
PS2.別に構わないんだけど、これが3部作だとすると、この3つ目書いている時点で、ようやくつじつま合わせてる、見たいな感じがするのは、僕だけでしょうか?
 
 
頭の中をめぐる音楽:なぜかカーペンターズの何か...曲名を覚えていない。
日常:ここのところ、朝晩良く冷える。でも会社の事務所は変な温かさ。とても暖かいんだけど、嫌に寒い感じ。なので、ひざにユニクロのフリースブランケットかけてる。
読書:「羊をめぐる冒険」村上春樹(今日の内に読まないと...)
今日のiPod:ER-6iにウレタンイヤーチップつけて色々と聴いてます。3重の塔のようなイヤーチップよりは、圧迫感が無く、かつ遮音性が高いので、こっちだろうか...でも、低音についてはやっぱり力不足?
今日のCD:Debbusy/Children'sCorner/MichelBeroff
万歩計:7477
ピアノ:...
刺繍:...
カミさんは...
| Book '05 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://note.2brins.raindrop.jp/trackback/361345
トラックバック