MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< 管楽器 | main | チョコレート工場の秘密 >>
楽器フェア...〆
2005年の楽器フェア報告の最後...


(ココをクリックして)カテゴリー「MusicFair」で絞り込むと楽器フェア2005に関する全トピックが読めるようになっています。



各楽器の評価:全く僕個人の意見で有って、かつ今回の楽器フェアで受けた印象でしかない、事をお断りしておきます。要するに、楽器たちにとっては良い環境であった、とはいえませんし、まして試奏するにも劣悪な環境であった、と言う事です。
ですので、楽器の評価について、何らかのコメントを頂いてもまともな返答が出来ない可能性が有ることをお断りしておきます。


総評:ピアノに限らず、アコースティックな楽器については、全体的に縮小気味なのかなぁ、と言う印象です。輸入ピアノでは最大のブースを出していたEuroPianoさんも、今年はかなり少ない展示でした。主力のベヒでさえ、GP2台、UP2台。前回はチェンバロやハンマークラービアなども出展していたのですが、今年はEuroPianoだけでなくどこにもなしです。
他の楽器はさほど詳しくありませんが、アコースティックと呼ばれるべきものはかなり少なくなったのではないか、と思います。だいたい、楽器はアコースティックが当たり前なのですが、敢えてアコースティック楽器と呼ぶことが普通になったと言う事実が、現状をよく表している様に思います。


僕の趣味:これまで述べてきた感想は、全くの僕の趣味の範囲での感想ですが、とても偏っている事が判ります。特にグランドピアノにおいては、大きなサイズが苦手で、こじんまりとしたサイズが好み。ベヒトーンファンですが、それに増して、反応の速さ、音の立ち上がりの鋭さ、倍音の綺麗さを追い求めている傾向が、随所に見えます。
ですので、僕にとって良いピアノとは、世の中のメインストリームから離れた場所にいる、と言う事がよく判ります。ですので、意見を述べると、アンチスタインウエイ、アンチヤマハの様に取れる部分がたくさんあり、少なからず誤解を呼ぶ部分でも有ります。

ですが、根本はヤマハトーンで育ってきているので、ヤマハの音と、それに近い過去に一度だけ聴いた艶のあるスタインウエイの音に、めっぽう弱く、特にヤマハだとこれ良いジャン、と言う短絡的な感想を浮かべることも多いのです。
 
 
頭の中をめぐる音楽:ドビュッシーになっていたので、矯正しました。
日常:今日も暖かい一日でしたが、僕は風邪弾いたみたいです。(~_~;;)
読書:「チョコレート工場の秘密」田村隆一氏訳の旧版を読了、「ES細胞はなぜ万能か?」
万歩計:7998 フツーに通勤のみ。
ピアノ:遅いので、弾けないッス。
刺繍:...
カミさんは...そろそろ変化がわからなくなってきているので、判りません。
| MusicFair '05 | 23:35 | comments(10) | trackbacks(1) |
コメント
元山陽ちとせさん、こんにちわ。(^_^)
>>当日赤茶色の服
残念ながら違います...別の写真にも見当たりません...って、思わず画像をじっくり見直しちゃいましたが。(^_^)
グロトリアンの部屋で、アクションモデルの置いてあったテーブルの左脇(後ろ列の右端)だったので、かなり近くにいたのだと思います。(^_^)
そうですか、16時頃ならグロトリアン弾けたんですね...残念です、そのころ僕は予約した16時30分のS4B、S6B試弾の時間待ちでした。しかも、ヤマハの試弾室ってかなりグロトリアンの部屋に近いんですよ。それだけにいろんな意味で残念です。(^_^)
| 元コラ | 2005/11/12 10:32 AM |
やはりデモの演奏の写真は4日の13時でしたか。
私は、当日赤茶色の服を着ていました。トリミング前の右4分の1に赤茶色の服が写っていたら、それは私です。
ちなみに私のデジカメ動画の時刻は13:00となっておりました。約1分ほどの動画でしたので、13:00〜13:01頃、私は動画を撮影していたことになります。私は、最前列で撮影しておりましたので、残念ながら映像にはピアニストの方以外には何も写っておりませんです。。。
おぼろげですが、会場でデジタル一眼で撮影されていた方がいたなぁ、とかすかな記憶があります。が、それ以上はあまり覚えておらず、残念に思っております。

ちなみに、グロトリアンの部屋では、前から2列目の右から2番目に座っておりました。ピアニストの方が、何かリクエストはありますか?と言われたときに「ドビュッシーの月の光」と言いそうになりましたが、言えませんでした。
実は、16時頃にももう一度グロトリアンの部屋に行ってみると、コンサートの時間でもないのにあのピアニストの方がおられて、会場にいる数人のおばちゃま向けに気軽に色々な曲を弾いておられました。そのときに偶然にも奥のUPの方で月の光を演奏してくださり、私は少し感激して聞いてしまいました。UPでの月の光も良かったです。

それから、その16時の時も私はグロトリアンのGPを少し試弾させて頂きました。上記のおばちゃま数名が聞いている中でしたので、素人の私は普段なら緊張したり遠慮したりするところでしたが、あの音の感じをもう一度味わいという誘惑の方が強くて、おばちゃん達のことは気にせず、音の香を楽しんで適当に即興風に流して部屋を後にしました。そしたら、たまたま1名の方も一緒に部屋を出てこられて、「グロトリアンのいい音を聞かせて貰えてありがとう」と声をかけて頂きました。
へたくそな素人の私がこんなお声を頂いたのは初めてで、またまた感激してしまいました。
ということで、グロトリアンのおかげで色々と感激させられた1日となった次第です。










| 元山陽ちとせ | 2005/11/12 12:12 AM |
元山陽ちとせさん、いらっしゃいませ。(^_^)

そうです、デモ演奏の写真は4日の13時からの物です。おぉ〜〜、近くにいらっしゃったんですね。私の写真はデジタルの一眼レフなんですが、11月4日13時02分の撮影です。
ちなみにこの写真、トリミングしてあって、掲載画像はオリジナルの左4分の3くらいの画像なんです。要するに右4分の1に写っている方がもしかして...とか思ったりしてますが、デジカメ動画撮ってる様子ではないので、後にいらしたんですかねぇ〜...そうなると、僕がそちらの動画に写ってる可能性も有り?(^_^)

グロトリアンの部屋には、僕たち(カミさんと)二人は最後に入室して、入り口脇に着席。ピアニストの方は遅れたとの理由で、サービスでラベルを弾いて下さり、途中の同一音の連打がうまくいなかった事を、説明してらっしゃいました。その後、木製ロゴ入りボールペン貰って退室です。(^_^)
グロトリアン...試弾出来なかったのが本当に残念です。
| 元コラ | 2005/11/11 1:15 AM |
こちらには初めて書かせていただきます。

私も楽器フェアーに行きましたが、
元コラさんの詳細なレポートを読ませていただき、
自分で見切れていなかった点を多々発見し、とても
参考になりました。と同時に少し驚いています。
というのは、
元コラさんのアップされているベヒシュタインのフルコンサートグランドD280デモ演奏の写真って、私が撮った写真(というかデジカメ動画)とほぼ同じ画角で、かつ演奏者の感じも全く同じでした。
もしかして、4日の13時からのものではありませんか?
もしそうならば、ほぼ同じ画角なので、私の右隣か左隣に居られた方が元コラさんということですよね?

それから私もグロトリアンのミニコンサートを聴いて、時間がおしたという理由でグロトリアンのボールペンを貰っております。
かなりニアミスしている様な気がしております。

ちなみに、グロトリアンGP、私は少しだけ試弾させてもらいました。初めて体験する音の香りの様なものがここちよく、強く印象に残っています。最初は、他の方も同時に他のピアノを試弾されていて音が混じってしまって良く判りませんでしたが、他の方の試弾を終わられた瞬間からグロトリアンGPからの音がすーっと前にでてきて、何と表現して良いのか判りませんが、とにかく印象的でした。




| 元山陽ちとせ | 2005/11/10 10:54 PM |
ネコ一番さん、ども...

>>タッチの介在を感じない
ベヒの場合は、確かにそうかも知れませんね。僕もカワイで感じていたのかも知れません...具体的に意識はしませんでしたが、ヤマハCFIIISの後にSK-EX弾いたら、とても素直に感じたので...カワイのタッチはどのクラスも良く似ています。

おっしゃるとおりSU7は、どこで弾いても部分的に曇りがちなんですよ。元々そういう性格なのかも知れませんが...
| 元コラ | 2005/11/10 12:31 AM |
>遊びが無い、と言うことでしょうか?
鍵盤に手をあてがって、指が沈み込む間に
タッチの介在を感じなかった。
という意味と解していただければと思います。
「コトッ」とか「タン」のあたりまえの感触がなかった!
不思議なことです。RX3チレサもグランドでありながら
指が勝手に吸収される快感でしたね。
YAMAHAのSU7も上記のように感じたのですが
いくぶん音が曇りがちだったのが残念でした。
| ネコ一番 | 2005/11/09 12:40 PM |
ネコ一番さん、ようこそいらっしゃいました。m(__)m
>>某スレではご迷惑おかけして
いえいえ、こちらこそよろしくお願い致します。

会場のベヒClassic118も、良かったですよ。我が家と同じ音、同じ感触...ネコ一番さんの表現そのままです。
「底に下りるまでの隙間感がない」と言うのは...? GPのようなアフタータッチが無い、と言うことでしょうか? 遊びが無い、と言うことでしょうか?

RX-3EUは、僕もSK-EXより扱いやすいし、優しさが好きです。カワイのブースに有った中から我が家に迎え入れるなら、SK-2を加えても迷わずRX-3EUです。
...「妻は植物学者さん」懐かしいですね。カワイのチレーサ響板モデルを見るたびに、思い出します。
SK-EXに対する技量不足は僕も全く同じですが、フルコンという懐の深さの割りに、扱いやすい、と言うのが気に入りました。僕でも何とかなりそう、と言う予感がある所ですね。
反してベヒのフルコンは、全く音が出ない感で、なに弾いても「違うよ〜」「そうじゃないって」って言われてるみたいな、敗北感が漂いっぱなしでした。

今年の梅干は、6月26日(http://note.2brins.raindrop.jp/?eid=194121)に、漬けたんですが、まだひと瓶分が瓶の中です。保存ビンを買い忘れました。(ーー;)
ちなみに、このとき一緒に漬けたラッキョは失敗してしまって、酢でふやけたラッキョを食べつづけています。なんで、カリカリっと出来なかったのかは、今もって不明です。(ーー;)
| 元コラ | 2005/11/08 11:02 PM |
ゆりぱぱさん、いらっしゃいませ。

クランポンご存知ですか...元吹奏楽部なら、元ブラですよ。(^_^)
ざっと見た感じだと、今のクランポンは、

Bシリーズ:唯一の特殊樹脂製でマーチングバンド用
Eシリーズ:学校教育用(主に中学、高校レベル)
C-13:音高、音大生用(コンセルバトワール)
Rシリーズ:演奏者用(R-13、RCなど)
Festival、Tosca:高級モデル

となっています。この中のC-13が、名器R-13の学生用にコストダウンしたものです。

>>管楽器のコーナーも
楽器フェアって楽器なら何でも有りです。書き切れないほどの種類の楽器が並んでいて、実際に試奏もできるのは、ここだけだと思います。だからこそおもしろいんですよ。
| 元コラ | 2005/11/08 10:56 PM |
某スレではご迷惑おかけしています。

5日の土曜の昼は逆に空いていたのかも。
ホント、順番待ちで整理券覚悟だったのです。
…にしてもベヒシュタインのクラシック118はよかった。
はたして元コラさんが、今回の会場の118を「ちょっと…これは」と
の見解をお持ちでしたら、とたんに自信なくします^^
指が鍵盤に沈み込むところ、底に下りるまでの
隙間感がない。これは驚きでした。
何より、勝ちにいく音ではなかったことが嬉し。
生活の中でいつもあってほしいと思うような
親しい、かけがえのない音たちでした。
タッチの調整ひとつの問題でしょうか…違うな…と思いたいです。
ユーロの担当者が応対よく説明してくれたたのと
独占的?にスライド見せていただいたりで、申し訳けなくて、元コラさん筆頭推薦の
グランドまで試弾きはできませんでした。(先客が長かったこともあり)

それとKAWAIのRX3は一般品でなくて、チレサ響板だったのですね。
3の後に続くのは何かと思っていました。
前スレで「妻は植物学者さん」がお持ちのですね。
いや、EXよりよかった…といっては違うのでしょうが
俺はグランドだぞ…と構えない、親しい音を感じました。

いい音の感興はいろいろですが
どうしても自分と等身大レベル以上のものはしんどいです。
SK-EXがただならぬ…ことは弾いてみてわかりますが
受け容れる器量が不足しているなぁ…と^^我ながら。

今年は梅干漬けられましたでしょうか。
ウチは柿の木好調^^で毎日甘柿であります。
| ネコ一番 | 2005/11/08 4:59 PM |
 お久しぶりです。っていっても、覗かせてはいたんですがすごいですねぇ。これだけ詳しく感想を書いて頂くと参考になります。私がピアノを買ったときに、偶然見つけたのが、例の「ピアノの種類マニア・・・」ってスレッドでした。そのころにちょうど、2年前のピアノフェアに行かれた方感想等が書き込んでありました。それを見て、世の中にはいろいろなピアノがあるんだって感心しました。根が小心者ですんで、(もっとも腕がないだけですが)ピアノ屋さんに言っても、なかなか試弾する勇気がなく、今でもピアノ眺めているだけです。もっともピアノ屋さん巡りもしていませんが。
 でも、管楽器のコーナーもあったんですが。知らなかった。紹介のクランポンのコンセルバトワールって、私が楽器吹いているときにはなかったように記憶しているんですが、ランク的にはどの辺りの楽器なんでしょうかねぇ。ちなみに私が楽器吹いている頃はクランポンは、R13 S1 RC ってグレードだった記憶ですが。
| ゆりぱぱ | 2005/11/08 3:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://note.2brins.raindrop.jp/trackback/345314
トラックバック
楽器フェアに行った
楽器フェアのことをザ掲示板の方に少し書きました。 http://play-4.bbs.thebbs.jp/1127193646/118p それから元コラさんのブログにも少し http://note.2brins.raindrop.jp/?eid=345314#comments
| ピアノのねいろ | 2005/11/18 12:10 AM |