MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< カワイ | main | その他鍵盤楽器 >>
その他のピアノメーカー
楽器フェア報告のその6

その他のピアノメーカです。
 ・スタインウエイ
 ・アポロ(東洋ピアノ)
 ・丸一ピアノハープ社さんのグロトリアン・シュタインベッヒ
です。


スタインウエイブースです。右からスタインウエイGP、UP、ボストンGP、UPと並んでいるようです。
スタインウエイブース
実は、弾きに行きませんでした。本音を言うと、スタインウエイは根本的に趣味ではないのです。スミマセンそれだけの理由で、積極的に弾きに行く気が有りませんでした。
しかも、2台とも特殊モデルだった、と言うのも有ったでしょうか...普通モデルの展示であれば弾きに行ったかも知れません。


東洋ピアノのとても綺麗な譜面台
ゲールアポロ
僕は、スタインウエイとならんで、東洋ピアノさんも、あまり良く知りません。
この譜面台なら音的にメリットが有るので、欲しいと思うかも知れない...と言うただそれだけです。スミマセン。GPオーナーなら、この譜面台の値段を聞いたかも知れません。

東洋ピアノが展示していた、ビンテージ物のスタインウエイO型。
TOYO1
これと並んで、S型も展示してありましたが、周辺が煩くて良く聴こえてこないのも有るのですが、古いピアノだなぁ〜、と言う印象しか残りませんでした。小学校の音楽室の古いピアノ、って言う印象です。(^_^;;)

東洋ピアノさんで一つ気になったのは、総アグラフのアップライトです。安い目の欧州UP並みの値段でしたが、それほどのメリットを感じませんでした。ので、ベヒが総アグラフにこだわってきた理由はどこにあったのだろう、と思い始めました。ベヒも今は総アグラフを止めて行っている訳ですが、それで音色が決まるわけではない、と言う事がココでよく判りました。



最後にグロトリアン・シュタインベッヒです。

残念ながら写真は有りません。2年前は、フリードリッヒ・グロトリアンだけの展示だったのですが、今年は大阪ショールームからGPを持ち込んでの展示を別室で行う、と言う形式でした。ちなみに、この丸一ピアノハープ社さんは、大阪が拠点で都内にUPだけを置いた事務所をお持ちとか...要するにGPは、大阪に行かないと遭えないわけです。
なので、ちゃんと予約したのですが、私が参加した回に限り、契約ピアニストのサロンコンサートの開始時間が予定よりも遅れてしまい、試弾している時間も無く次回予約分の入替となってしまいました。おかげで、お詫びにとグロトリアンロゴのボールペン頂きましたが...(^_^;;)
ただ、その契約ピアニストさんが追加で弾いてくれたラベルを聴く限りでは、これと言った特徴は無いのですが、しっとりとしつつ、堅実で、確実な音がしていました。おそらく時流に流されず、伝統の音作りにこだわって来た結果なんだろうと思います。実際に弾いてみないとわからない事が多いですが、昔ながらのファンには、手放せない音なのかも知れません。とにかく、試弾できなかったのが残念でした。(ーー;) 次回、大阪に行く機会には、予定に組み込むつもりですが...いつになるやら。



追記:特にスタインウエイについては、どこかちゃんとしたところに試弾に行って、これだ!と言う個体に遭ってみたいです、神戸か高崎か...でしょうか。何れにしろ遠いです。(ーー;)
実のところ、僕は「これだ!」と言うスタインウエイの個体に遭遇した事が有りません。どうしてもひいきした目で見てしまう、これまでに取り上げた、ヤマハ、カワイ、ベヒシュタイン...楽器フェアには来なかったベーゼンドルファー、ディアパソン、ウィスタリアなども、それぞれ感動するに値する個体が有ったからこそ、ひいきに見ているのです。自分の経験の中で話している訳で、ブランド差別をしているつもりはありませんので、あしからず...m(__)m
しかも、現存するメーカーには、必ず代表的な感動する個体があるハズ、と思っています。で無ければ、現在に至るまで、営業して来れなかったハズだからです。ですが...なかなかそのような個体には遭遇しないものなのですよ。


明日は、その他の鍵盤楽器です。
| MusicFair '05 | 23:48 | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
ノビスネさん、ども...

>>弾き込まないとダメ
と言う事では無いと思います。あっちのスレでも話題になりましたけど、中古ピアノにおいて木材部分のエージング(慣らし)効果という物はあまり期待できない、と言うのは僕も同じ意見です。
中古が良い、と言うのは、製造年代によって、設計、製造方法、材料(木材、鉄など)の品質が異なるせいだと思います。70年代あたりが境目、なんて言う人もいて、実際「スタインウエイとニュースタインウエイ」と言う本も有るくらいなので、根拠があるのかも知れません。
| 元コラ | 2005/11/10 12:27 AM |
スタインウェイはかなり弾き込まないとダメなんでしょうか?欲しいんですが、ダンナを説得しないと・・。
| ノビスネ | 2005/11/09 9:06 AM |
そうですか、神戸はそういう感じですか...なら冷やかしは、よしておいた方がよさそうですね。となると、関東に住んでる限りは、高崎か郡山から攻めるしかないですか...と言うものの、遠いに変わりありませんが。(~_~)

ちなみに、僕が良いスタインウエイ会ったことが無い、と言うのは、特に新品なんです。30〜40年の中古だといくつかありますけど、スタインウエイというだけで、むやみに高価なので...なので興味はあるのですが、積極的に新品を見に行くつもりは無いのです。ボストンも全く同じくです。
と言う面では、色々な所で聞く、「スタインウエイは、ある時期から劣悪になった」と言う言葉を鵜呑みにしてしまいそうです。
| 元コラ | 2005/11/08 11:32 PM |
神戸のスタインウェイは何度か行きましたが、展示してあるものでいい感じのものは、来られたお客さんが気に入られてすぐに売れちゃうみたいな感じです。お値段もすごいですが。なので、なかなか、お店の展示品でいいものに出会うチャンスは少ないかもです。
購入を決めれば、東京で選定できるので、気に入ったものがあるかも・・ということのようです。うちのような色物狙いの場合、特注になって選定できないので難しいです。
| ノビスネ | 2005/11/08 7:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://note.2brins.raindrop.jp/trackback/343712
トラックバック