MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< ピアノプラッツに行って来ました | main | 和田八のてんぷら >>
大阪戎橋南詰めの老舗 「丸万」 の寿司
先日、戎橋南詰めの老舗すし屋「丸万」の寿司を買ってきた。家族で食べるのは、これで2度目になる。
Web上の情報は、ここ→ 戎橋筋商店街サイトの「丸万」ページ

具体的な場所は、阪神が優勝すると飛び込みが行われる、かの有名な道頓堀にかかる戎橋から、商店街を南(難波駅側)に歩いて数件目。間口数メートルのフツーのすし屋。

買うものを決めてお金を払ってから、「これから作るので中で待ってって...」と言う事なので、おすし屋さんの中に入ってお茶を頂く。店内を見る限り、本当にフツーのすし屋でカウンターもあり、握りの値段もちゃんと表示されているけど、価格も一般的よりもかなり安めだし、品目も10種類くらいしかない。しかも、かなり長い時間待っていても誰も客はこないので、それでようやくカウンターで握りを食べるところでは無い、と言う事がわかる、と言う雰囲気。要するに形ばかりの店舗のようだ。
この間に、外の持ち帰りは次々と売れていくので、職人さんが、次々に巻いたり、押したり、包んだり、詰め込んだり...何回かこうやって店内でお茶を飲んで、出来あげるのを待っているが、ここではすしを握る姿を見たことが無いし、握りずしを食べてる客も全く見たことが無い。

左から、松前ずし、穴子棒ずし、狸ずし(4個入り)。
丸まん1

一皮剥くと、本物の竹皮や、ヘギ箱を使っているのが判る。最近はこれだけでも結構な金額がかかるので、嫌われるんだよなぁ。でも、保存性や風情は一級だと思う。
丸まん2

中身はご覧のとおり。いまどきのスーパーの価格水準からすると、とてもこれだけで1万円近くするとは、絶対に思えない。
丸まん3
ちなみに、本来は「松前ずし」より、「鯖の棒ずし」の方が倍ほどの値段していて高級なのだが、お店の人に聞くと、今日の鯖は今ひとつなので「松前ずし」の方が美味しいと言って、あまり「鯖の棒ずし」を積極的に売ろうとはしない。無理に頼めば作ってくれるが、あまり良い顔もしないところが面白い。
ちなみに、狸ずしは本体400円。棒ずしと命名されるものは、穴子でも鯖でも8切れに切って食べる訳だけど、その一切れが、狸ずしよりも高い。(^_^;;) でも、その想像を上回るうまさに納得してしまう。

狸ずしは、ここの名物だが、いわゆる「お稲荷さん」。中身はごぼう、山椒の実など、あまりなじみの無い具だったりするが、これがまたとてもうまい。大きくてご飯もいっぱい入っているので、庶民の味方だ。
丸まん4
関東人には、この薄揚げの味付けが濃くて甘いのに閉口するらしい。しかし、これが本来の関西の味だと言うと、意外と味が濃いのに驚く人が多い。

丸万さんの能書き書
丸まん能書き
「松前ずし」、「狸ずし」、はそれぞれ何処にでもありそうなネーミングだが、丸万さんの、今で言う登録商標的なものである事がわかる。
 
 
頭の中をめぐる音楽:昨日貰ってきたベヒフルコンサートグランド使用のCDを聴いて、少し頭が変。あまりにもグールドとは異なるのと、ベヒのピアノの音が以外だったからか...(~_~;;;)
日常:朝から寒い。日中も結構寒かったようだ。
万歩計:7406 フツーの生活に戻った。(^_^)
ピアノ:P80で少し久石譲のベネッセコマーシャルを弾く。
刺繍:...
カミさんは...快調に刺している。アルパカ?の回りの植物を刺している。そうそう、昨日買って来た刺繍糸が番号合ってるのに、全く色が違うって言ってたっけ...でもそんなことって許せる?
| Cuisine | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック