MY PIANOS
COUNTERS
/ / (Total/Today/Yesterday)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K
Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K (JUGEMレビュー »)

メインカメラ...になる予定...やっと少し慣れて来たと思ったら、iPhoneカメラが結構使えるので、出番が減って来てしまってます。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

iPodの必需品...エージングが効いて、良い感じに...
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

好みの分かれる演奏だろうけど、僕には迫り来る怖さを感じる、名盤。
RECOMMEND
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 (JUGEMレビュー »)
グールド(グレン), ブラームス
いつまでも聴いていたい一枚
<< やっぱり消費税は判らない... | main | Keith Jarrett - Death and the Flower >>
キースジャレットの平均律
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻
ジャレット(キース), キース・ジャレット, バッハ

近場のTsutaya: 2005年5月16日〜23日のレンタル

グールドばかり聴いているので、たまには別の人のバッハ、と言う事でキースジャレットを聴いてみることにした。
以前にどこかで読んだ論評どおりで、グールド並みの個性を期待する向きには、がっかりかも知れない。どちらかと言うと、デビューしたてのピアニストが、バッハ特集を作った、と言う感じに聴こえてしまうかもしれない。澄んだ透き通った長めのエコー(これは会場のライブなのか、デジタルエコーなのかは不明)や、抑えられた低音部のグルーブ感などが、それを助長してしまう。要するに、キースジャレットが弾いている、と言うのはCDジャケットを見ないと判らないのだ。
ピアノの調整のせいなのか、キースのピアノ(おそらくニューヨークスタインウエイ)がそういう個性なのかは、判らないが、ノート数の多い和音の解像度が悪い。まして長いエコーとあいまって、倍音成分の多い特徴的な音による不協和音の中に消えてしまって、瞬間瞬間の響きを楽しむ人にはまったくもって不向きだ。

Cf:グールドもニューヨークスタインウエイのはずなので、彼のピアノには、倍音を抑える工夫が何か知ら施してあるのは間違いない、とまで思える。なので、彼のDVD「アルケミスト」で、デュプレックススケール部分が赤いフェルトでミュートされているように見えたのは、目の錯覚ではないのかも知れない。(残念ながら一瞬だったので、どこの場面だか覚えていない)

とはいえ、平均律というピアノ音楽に真っ向から立ち向かったバッハの作品に対する、彼の音楽性と言う面では、その完成度は高く、正攻法のバッハ演奏を堪能できる。
あえて言うと、いつもジャジーかつブルージーなグルーブ感を持つ、彼のインプロビゼーションを、彷彿とするような部分が一瞬でもあれば...と思ってしまうのは、彼の多面性を理解していないからだろうか?

第2巻は、まだ手に入れていないが、ぜひ聴いてみたい。
パルティータって有るんだろうか、あればぜひ聴きたい。
| Music | 13:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
アラビアのオレンスさん、いらっしゃいませ。
>>Etymotic Research のイヤフォン ER4p
オーディオの趣味的には、欲しいところなんですが、なにせ音源がiPod程度の性能だと手を出そうという気になれないのです。今の(SonyMDR-EX71SL)には飽きて来たし、どこか接触不良起こしてるので、価格的にEtymoticResearchならER6i程度が、狙い目かとも思ってますが、それでもやっぱり高いですね...(ーー;) スミマセン貧乏ネタで...

それはそうと、娘さんはジャレットがお好きとか...まだ聴かせてないですけど、おそらく家の娘もそうだと思います。下の男の子はだんぜんグールドなんですけど。

PS.23:30のダブルポストは消しました。
| 元コラ | 2005/10/31 11:58 PM |
>ノート数の多い和音の解像度が...
 私もこの cd を昔買った直後には同様に感じました。数カ月まえに Etymotic Research のイヤフォン ER4p を買いましたがこれできくとダイアトーンの安物密閉では混ざって聞こえていた音が個々に聞き取れました。録音が悪いのではなく、ちゃんとした再生装置を想定した録音だつたのではといまは思います。
 book1 のみを買いましたが、元コラさん同様なんだか教材のやうな演奏といふ印象だつたため、book2 はまだ買っていません。
 我が家には他にお決まりのグールドと新人のヒューウィットの cd がありますがこれらより家の娘はジャレットがお気に入りらしいです。
| アラビアのオレンス | 2005/10/31 1:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック